• 生命保険の種類は3つに分かれる!どれが良いかは検討を

    048564a1e76978d45b0cd7b28ccf51a9_s
    生命保険を大きく分けると、3つの種類に分けられます。

    ・定期保険
    ・終身保険
    ・養老保険
    です。

    ・定期保険
    一定期間だけ大きな保障がほしい方向きです。
    10年間とか期限付きで、死亡や三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)などかかった時に、大きな保障が得られるのです。
    ただ、期限が決められていますから、その後継続をしたい場合は、保険料がとても高くなります。

    ・終身保険
    契約した時の保障が一生続きます。
    その分保険料は少し高いですが、貯蓄の機能も果たし、積立している感覚で保険料を払い込むことができます。
    受取人は相続の関係で、所得税などに響きますから、契約者との関係を理解して決めると良いです。

    ・養老保険
    死亡保険と性質は同じですが、満期が決まっている保険です。
    死亡保険金と同額で、完全に貯蓄目的での保険になります。
    【3・11を振り返る】大規模災害の時、生命保険は役立つの?東日本大震災の当時を振り返る – NAVER まとめ
    これらの商品で、年齢や生活スタイルに合わせた生命保険を選ぶと良いでしょう。
    保障期間を選べる定期保険の場合、保険料や保障内容を自由に設定することができます。
    加入に至るまで、様々なシミュレーションを出して、得をする商品に契約をしてください。
    所得に応じた保険料と保障が得られるものを選ぶのがポイントになりますが、詳しいことは保険会社や生命保険比較サイトなどで相談すると良いでしょう。
    生命保険を取扱っている会社http://life-smile.net/menu

    カテゴリー: 生命保険

    コメント欄は現在閉じています。